金利と利息はどのように違うのか?

金利と利息を混同される方は多いですが、両者は異なるものです。 金利とは利率のことであり、アドオン金利、実質年率などがあります。 年利15%の場合、1年間で元金+15%までローンが膨れ上がるわけです。 キャッシングに導入される年利は実質年率は、元金の金額に比例するのが特徴です。 100万円のローンを利用してすぐに95万円返済したら、残りの5万円に対して金利が発生するのです。 金利は「○○%」といった表記になるのが特徴です。 キャッシングの場合、「実質年率4.8~18%」という感じになります。 これに対して利息は、元金に+される追加返済額のことです。 100万円を借りて、100万円そのまま返済できるはずがありません。 1年間借りた場合ですと、7~8万円は余計に支払う必要があり、総支払額は107~108万円くらいになるのです。 この7~8万円分の支払額のことを利息と呼んでいるのです。 キャッシングをしたいのであれば、総支払額は1円でも少ないほうがいいでしょう。 キャッシング上手な方は女性に多いのですが、借入額を少なくしている方が多いのです。 男性だと思わず100万円借りてしまうところを、女性の場合は50~70万円くらいに抑えるという感じです。 そのため、女性のほうが支払いを延滞することが少なく、多重債務者、自己破産者なども男性よりも少なくなっています。 キャッシングを計画的に利用したい方は、女性の借り方を参考にするといいでしょう。

勉強参考サイトはこちら→日曜日キャッシング