何か知りたい約定利率

お金の貸し借りをする場合、そこには利息が発生します。 従って、借りた側は貸した側に対して借入額に利息を合わせた金額を返済しなければいけません。 さて、その時の利息は利率によって定められています。 約定利率とは借りた側と貸した側との間の契約によって定められるものなのですが、この割合に関しては大まかなルールは決められていても、細かな事は決められていません。 従って、契約自由の原則に基づいて、この利率は当事者間で自由に決める事が出来ます。 ただ自由に決める事が出来ると言っても、どれだけ高利にしても良いというわけではなく、利息制限法によって上限が定められているのです。 この上限は元本が何円なのかによっても変わって来るのですが、元本が10万円未満であれば年利20%、10万円以上100万円未満であれば18%、100万円以上であれば15%という感じになっています。 ではこれ以上の利率になってしまった場合はどうなるのでしょうか。 この定められた利率の金額を超える場合は、その超過分は無効と定められています。 お金が必要な期限まで時間がある時は金利に関して色々とチェックする事もできますが、急に必要となった時や、色々なところで借りる事が出来なかった時などは高利であっても借りたいと思う人も出て来るでしょう。 しかし約定利率に関してはしっかりと定められている上限があるので、その点については借りる側としても、そして貸す側としても理解しておくのが重要です。

勉強参考サイトはこちら→今すぐ80万円