変動金利とはどんなものか

変動金利とは何か。 この言葉をよく聞く機会として一番多いのが住宅ローンを借りる時です。 ローンを組む時には必ず金利が返済の利息として決められます。 この金利ですが、固定と変動という概念でくくられます。 変動のメリットとしては不景気でいまいちな社会情勢だと預金利息がほとんどつきません。 しかし、それと同時に借り入れの際の金利も小さいものになるのでその分負担も小さくて済みます。 これはより大きな金額、それこそ住宅ローンを組んでいたりする時には有利に働きます。 そもそも変動型の場合はその都度、金利が計算されるわけではなく、半年ごとに金利の見直しが行われます。 そして、返済する金額も金利の変動とともに返済額が変わっていくように思われがちですが、そうではなくて返済額は基本的には一定額です。 よほど大きな金利の変更があれば、返済額自体が変わることも考えられますけど、基本的には変わりません。 変わっていくのは返済額に対する利息の支払い分です。 利息の支払い分が増えるということはその分だけ元本の返済額が減るという事なので完済するまでの期間が予定より長くなってしまうという事です。 これは返済期間が読めないというデメリットにもなってしまいますが、それを差し引いても金利の低い時は変動金利にしておくことで返済額が多く取れるというメリットの方が大きいです。 変動を選んでいるときにはその低い金利の間にできるだけ多くの金額を返しておくことが大事になってきます。

勉強参考サイトはこちら→今すぐ5万円