保証人になったらどうなるの?

保証人とは、他者の借り入れにおける債務を保証する人のことです。 例えばAさんの債務を保証することになった場合、Aさんに返済能力がなくなると自分がAさんに代わって、その債務を返済していかなくてはなりません。 要するに債務の肩代わりをするということですね。 ただし自分に債務の返済要求が来たとしても、「Aさんのほうから取り立ててくれ」と拒否することはできます。 また、債務を背負わなくてはいけなくなったとしても、保証している人間が自分以外にもいたとしたら、その相手と債務を分割して返済することも可能です。 さて、この場合、あくまでもAさんのほうから債務を回収してもらうことになるのですが、連帯保証人になった場合は意味が変わってきます。 連帯保証人とは、債務者本人であるAさんと同等の責任が生じます。 要するに、Aさんに返済能力があろうがなかろうが、Aさんに比べて自分のほうが高い返済能力を持っていると、必然的にこちらへ債務の回収責任が回ってきてしまうのです。 「Aさんから取り立ててくれ」と、返済を断ることはできません。 また、自分以外にも保証している人間がいたとしても、その中で一番返済能力が高い人に返済責任が生じるため、債務を分割して返済するということはできないので注意しましょう。 いずれも、自分がした借金ではないのに返済責任を背負わされることになるので、契約する際には、よく考えた上で慎重に判を押すようにしてください。

勉強参考サイトはこちら→30万円借りたい