ローンの年利とはどんなもの?

ローンを利用するうえで必ず確かめるべきものが年利です。 これは年間あたりの金利のことであり、実質年率、アドオン金利の2種類がありますが、一般的なローンに適用されるのは実質年率になります。 アドオン金利の場合、年利12%で100万円借りると、1年後には12万円の利息がつきます。 1年後の返済プランを立てた場合、112万円を支払うことになるわけです。 実質年率の場合は、元金に金利がつくものです。 年利12%で100万円を借りると、1年返済プランで66,000円位の利息がつきます。 12万円にならない理由は、返済のたびに元金が少なくなるからです。 アドオン金利よりも実質年率のほうが、完済までに支払う金額は減るということです。 金利のシミュレーションは自分で計算するのは難しいですが、金融機関のホームページを利用すればカンタンに計算できます。 ここで計算してから借りるようにすれば、毎月の返済プランをしっかりと立てられます。 カードローンの金利は日割りを採用しているところが多いです。 そのため、年単位で借りるのではなく、返済プランは月単位、できれば日単位で設定したほうがお得になります。 安全にローンを利用するポイントは、たくさん借りないこと、そして短期間で返済することです。 この2つを守って地道にコツコツと返済していきましょう。 ただし、無理をする返済プランを立ててはいけません。 返済期間を短くしすぎて、毎月の返済額を捻出できないようでは意味がありません。

勉強参考サイトはこちら→10万円借りたい