多額かつ低金利で借りるには担保がポイント

収入に見合う以上の大きな金額を借りたい、なるべく低金利で借りたいというニーズがある場合、役立つのが担保付きローンです。 住宅ローンや不動産ローンが代表格ですが、自宅やビル、土地などの不動産に抵当権を設定することで、不動産の価値に応じて大きな金額を長期かつ低金利で融資してもらうことができます。 なぜかといえば、万が一、返済ができなくなった時には抵当権を実行して、不動産を競売にかけ換金して債務の返済に充当することができるためです。 不動産の価値をしっかり把握していれば、貸付業者にとっては貸し倒れリスクが少ない有利な貸し付けになります。 そのため、低金利で貸してもらうことができるのです。 不動産に抵当権を設定するケースは物的担保と言われます。 これに対して、保証人や連帯保証人を要求するケースは人的担保と呼ばれています。 保証人というのは、もしお金を借りた主債務者が返済できなくなった場合に、債権者から保証人に対して請求が行われ、債務を返済するよう求められるものです。 また、主債務者に返済に充てられる財産がない場合には、保証人の財産を競売にかけて債務の弁済に充てることも可能です。 一方、連帯保証人の場合はさらに債権者にとって有利で、主債務者が返済不能になった場合、直ぐにでも連帯保証人に対して請求や財産の差し押さえが可能になります。 債権者にとっては主債務者以外に貸付金を回収できる相手ができるわけなので、主債務者の資力に不安がある時でも保証人を付けることで借りられるケースがあるかもしれません。

勉強参考サイトはこちら→3万円借りたい